So-net無料ブログ作成

grade(グラード) [雑感]

 関数電卓の角度の表示に3つの種類がある。

 deg, grad, rad だ。

 最初のは通常の度数法の度。最後のは弧度法の度(ラジアン)だと分かるが、真ん中のgradは分からなかったし、かつて知ろうともしなかった。
 最近買った安いソーラー電卓(CASIO fx-260 solarⅡ)の取扱説明書を読むと、50grad が45degとなるとある。調べると、grade(英語読みだと「グレード」),あるいはgradといい、90度の100分の一だそうだ。すなわち、100gradが90度となる。英語では、gonとも言うらしいが、私の手持ちの辞書には載っていない。日本語では、「百分法」というそうだ。
 メートル法制定当時の名残のようだ。当時は、何でも10進法にしようとした。ただ、gradは現在でもごく一部の地方で、土地の測量のような限られた分野で使われているという。
 そのために、電卓に残っているわけでもあるまいが、ともあれ、ほとんどの人が、その意味を知らないでいることは確かだ、と思う。
nice!(12)  コメント(0) 

nice! 12

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。