So-net無料ブログ作成

40年ぶりの再会 [健康]

 学生の頃に国際共通語エスペラントを学習していた。その頃一緒に活動していた知人と40年ぶりに再会した。

 何気なく「ご主人はお元気ですか」と聞いた。2人とも同じサークルの仲間で、結婚したのだった。「11年前に、下咽頭癌で亡くなりました」との返答に驚いた。自分も、ほぼ同じ時期に同じ病気にかかっていたからだ。
 わたしの場合は、右首に直径3センチほどの腫れ物ができて、数ヶ月後、熱も痛みもないのだが、持病の高血圧診療で内科にかかったついでに、医師に「これはなんでしょうね」と聞いたのだった。そうすると、「がんの可能性があります」と直ちにレントゲン、CT、血液などの検査を受けたのだが、その段階では、がんは見つからなかった。2週間ほどして、がんマーカーの値が高いとの連絡があり、大学病院での精密検査を勧められた。
 体の痛みも辛さもないので、半信半疑の状態での検査が続いたが、最終的には、全身麻酔で腫れ物を全摘する手術をして、初めてがん細胞が見つかり、がん治療が始まったのだった。
 こう考えると、自覚症状がほとんど無い初期のがんの場合、それが見つかるかどうかは、運次第のような気がしてしまう。あるいは、気にならないような症状でも見落とさない心構えがその後の人生を変えてしまうのかもしれない。
nice!(7)  コメント(2) 
共通テーマ:学校

nice! 7

コメント 2

bashy0322

半分運というのは私もそんな気がしています。
先日職場の健康診断がありましたが最近気になる「こぶ」のようなものは大丈夫かとお医者さんに聞きましたが特に問題ないとのこと。そういう疑問を一つ一つ解決するのを忙しさにかまけて怠るとだめなんでしょうね。
ちなみに、知り合いに、健康診断の翌日に「すぐ来なさい」と言われ、がんと診断され方がいます。職場の健康診断も大事だなと改めて思わされました。
by bashy0322 (2019-09-06 06:40) 

tyuuri

成人病検診では、肺や胃のがんは発見されやすいのですが、その他のがんは自覚症状が無い限り、ひっかかりませんね。内科医の診察の時に、何かあれば訴えてみるのも方法です。ただ、多くの人が病院通いを嫌うので、初期段階で見つかるのが難しい状況だと思います。
by tyuuri (2019-09-06 18:55) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。